妊娠線っていつから出来るの?

 

妊娠線が出来る始めるのは、お腹が大きくなってくる妊娠中期からです。
私も妊娠6カ月くらいからお腹がどんどんと大きくなってきて、後期に妊娠線を見つけました。
それほどお腹が大きくなっていない人でも、妊娠線は出来てしまう時には出来てしまいます。
私はそれほどお腹が大きくなかったけど、やっぱり小さな妊娠線がいくつか出来てしまいました。
本当だったら、妊娠線の予防は、ボディクリームを塗って肌を柔らかくすることです。
でも、妊娠線対策にボディクリームを塗っても、妊娠線が出来る時には出来る!
なので、気休めにしかならないと思います。
妊娠線は体質がかなり影響するようなので、出来ない人と出来る人では、スキンケアをしていたとしても、完全に予防することは難しいです!
塗らないよりはマシっていうくらいですね。
ニキビ体質の人が、どんなに丁寧に洗顔をしてもニキビができやすいのと一緒です。
ちゃんとしたケアをしていても、妊娠線が出やすい人は、どうやっても出ます。
ただ、妊娠線が出来ても、水着なんかでセパレートタイプを着るのが恥ずかしくなってしまったりするくらいの影響力なので。
出来てしまった時には、諦めるのも一つの方法だと思います。

 

 

妊娠線を嫌う芸能人は多い?

 

 

女優さんやモデルさんの中には、『子供を産みたくない』という人がたまにいますよね。
特に『スタイルが崩れたり、体の変化を嫌う』という理由が一つある場合もあります。
妊娠線も妊娠をきっかけに出来てしまうことが多いので、水着のお仕事をしている人なんかは、やっぱり妊娠線が出来ると、嫌になってしまうでしょうね。
子供を産んだ人が、徐々に水着などに挑戦しなくなってくるのは、やっぱり妊娠線のように、人前には見せられない体の変化なんかも出てくるからでしょうね。
まあ、年齢的な問題もあると思いますが。
妊娠線が嫌で、妊娠をしたくないっていう人は、極端かもしれませんが、スタイルが崩れてしまったりすることによって、モデルさんや芸能人は、仕事を失う可能性があります。
そういう意味では、死活問題ですよね。
女優さんの場合は、まだ演技力なんかがあれば、生き残ることも可能でしょうが。
モデルの場合は、やっぱり露出が多い仕事もあるので、妊娠線があると、厄介だろうなって思います。
ただ、今の時代は、妊娠線くらいだったら、写真の修整で消せると思いますので、それほど影響もないような気がします。
芸能界で活躍する人は本当に大変だと思いますね。

 

妊娠線に戸惑う女性が多い

 

 

女性は妊娠すると、自分の体の変化に戸惑うことが多いと思います。
妊娠中は、初めての経験ばかりで、自分の体調を維持するだけでもいっぱいいっぱい!
なので初産は、よほど周りにアドバイスをくれる人がいないと、なかなか色々なことに頭が回らないと思います。
中でも妊娠線については、人によって本当に考え方が違いますよね。
妊娠線用のボディクリームを使って、ちゃんと妊娠初期から乾燥予防をしている人もいれば、「妊娠線なんてクリーム塗ったって、デキるときは出来るんだから無駄」と言っている人もいます。
やはり妊娠線に対して、すごく神経質になっているのは、初産の人の方が多いような気がします。
経産婦の場合は、もう1度目の出産で、妊娠線が出来てしまったり、妊娠ってそんなものだと割り切っている人が多いんでしょうね。
私の知人も、最初の妊娠の時には、妊娠線用のボディクリームを買って頑張ってケアをしていたけど、2回目の時には、もう何もしていませんでした。
私も初産の時に、妊娠線対策のクリームを塗っていたけど、結局は出来てしまいました。
まあ、クリームを塗っていたから、ちょっとだけで済んだのかもしれませが。
やっぱりお腹の周辺がどうしても妊娠線が出やすいですね。

2016/08/14 21:19:14 |
妊娠線で水着が着れない!妊娠線を他人に見られるチャンスは少ないけど、やっぱりあると、それなりに気になります。特に夏場は、海やプールがあるので、すごく憂鬱です。独身時代は、セパレートタイプの水着も自信をもって着ていました!でも、今はセパレートタイプなんて着たら、やっぱり妊娠線がお腹についているので、他の人の目に晒されるのが、すごく嫌になってしまいます。それだけで、海に行きたくなくなってしまいます。最近はワンピースタイプの水着や、ラッシュガードを絶対に着るようになりました。やはりお腹の部分を隠せるような水着を好むようになってしまいましたね。妊娠線は、お腹の周りに出やすいので、お腹を出したくない人は...
2016/08/14 21:19:14 |
妊娠線は真皮の断裂跡妊娠線というのは、女性のお腹が大きくなった時に、真皮が断裂してしまう跡のことです。主に妊娠でお腹が出てくる5カ月くらいから出てきます。妊娠と言っても、初期は全然お腹が出てこないので、妊娠線の心配がありません。ただし、妊娠線対策をするんだったら、初期からでもOKです。妊娠線を予防するためには、真皮が乾燥して断裂しないようにするため、普段から保湿ケアをしておき、肌を柔らかく保つことが良いって言われています。ただし、それでも、妊娠線は出来てしまうことも多いのです。体質によって、全然お腹が出ない人もいれば、「すごい!」と思わず声が出てしまうくらいのお腹の大きさの場合もあります。お腹...